海外転勤で英語が必要

海外転勤を命じられた際に、英語が不得意な人は、どうも気が進まないものでしょう。
海外転勤を命じられたら、活躍の場が広がり嬉しいものかもしれません。
しかし、英語の壁は深刻です。
普段話す言葉が変わることは大変なことですが、仕事なのだから、家庭のために、英語も一生懸命行う必要があるのは当然なのです。
しかし、苦手意識はきついものです。
海外転勤を命じられたら、まずは家族と相談するのも良いかもしれません。

海外転勤を報告したら、家族は喜ぶか、残念に思うか不安になることでしょう。
これから、確実に生活が変わることになる訳ですから、よく話し合うことが必要です。
お子様が、学童期そして受験の時期かによっても違ってくるはずです。
それから、奥様が英語に対する苦手意識があるかどうかも心配です。
たとえ奥様が英会話が堪能であっても、普段の会話が不憫になると精神的におかしくなるかもしれませんし、子供に友達ができるかどうかの問題や、本人がストレスに対して強いか否かもあります。

ここまでは、海外転勤が男性の場合を話していますが、女性の場合もあります。
子供はどうするのか、祖父や祖母はどうするのか、悩むことは多いはずです。
場合によっては、旦那も仕事を辞めるかどうかという選択を考えなければならないかもしれないのです。
また、期間はどうなのかなど問題も山積みなはずです。
さて、肝心の英語の勉強をしていかなければなりませんが、どう考えるべきか迷うでしょう。
それでは、解決方法を紹介します。



○PICK UP
海外転勤を命じられた際に自宅を賃貸に出せるリロケーションの見積もりサイトです ⇒⇒ リロケーション

Copyright © 2014 海外転勤に対応できるように英語を学ぶ All Rights Reserved.